スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題は10日、新たに宮崎、日向市で感染疑いの家畜が見つかり、感染はいっこうに終息する気配がない。都城市と隣接する鹿児島県をはじめ、他県の関係者も感染拡大への不安を募らせている。

 宮崎県内26市町村のうち、感染農家が出ているのは4市5町(終息したえびの市を除く)。県全体の面積の32%に達した。

 「終息に向かうと思っていたが、吹き飛んだ。宮崎の牛はどうなってしまうのか」。この日、口蹄疫特有の症状を示す家畜が見つかった西都市。厳重な防疫態勢を敷いていただけに、JA西都職員はショックを隠さない。

 西都市は、県が宮崎牛ブランドの復興を託すエース級種牛5頭の避難先。畜舎は今回疑い例が見つかった農場から20キロ以上離れており、感染の可能性は低いとみられる。

 日向市は10日の対策本部会議で、11日未明までに発生農場内での埋却地の掘削を終え、60人態勢で349頭の牛の殺処分と埋却をすることを決めた。黒木健二市長は「断腸の思いだが、早急に手を打ちたい」と述べた。発生農家から3キロの場所に農場を持つ日向市和牛改良組合会長の黒木豊喜さん(56)は「ワクチン接種だけは勘弁してほしい」。

 宮崎市も11日中に殺処分から埋却までの全作業を終える方針。児玉稔・現地対策副本部長は「ついに来たか、という感じだ。職員も動揺している。今は迅速に処分することだけを考えている」と険しい表情を見せた。

 宮崎市の畜産農家で殺処分されたエース級種牛「忠富士」の育ての親、川越忠次さん(52)は「宮崎市は人家が多く、まん延すれば埋却地の確保も難しい。何としても1軒で収まってほしい」と語った。【小原擁、木元六男、阿部周一】

郵政法案は「臨時国会で」 民主・輿石氏(産経新聞)
首相動静(6月10日)(時事通信)
覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)
口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)
菅首相が参院選勝敗ラインを上方修正 「50議席超えが望ましい」(産経新聞)
スポンサーサイト

両陛下の静養延期、宮内庁に要請…組閣急ぐ民主(読売新聞)

 民主党は2日、退陣表明した鳩山首相の後継代表を選ぶ両院議員総会に加え、国会での首相指名選挙と組閣を4日中に終えることで関係方面との調整をほぼ終えた。

 同党は調整の中で、首相官邸を通じて宮内庁に、天皇・皇后両陛下の静養日程を変更するよう要請した。

 天皇、皇后両陛下は当初、4日から8日まで、神奈川県葉山町の葉山御用邸で静養されるご予定だった。このため、皇居での新首相の任命式や新閣僚の認証式は、週明け以降になるとの見方が出ていた。

 だが、同党は「天皇陛下の葉山でのご静養を少し遅らせていただければ、4日の組閣が可能になる」(党関係者)などとして、宮内庁に日程調整を要請。静養入りは5日以降に遅らせる方向になったという。

 民主党は、16日の今国会の閉会を目前に、新首相の所信表明や代表質問などの日程を確保するため、任命式、認証式を急ぐ必要があった。党内では、「首相の突然の退陣に伴って、天皇陛下の日程を変更すると、批判を招くのではないか」と懸念する声も出ている。

説明にまごつく証人 苛立つ裁判長「もう一度」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)
積雪落下防げる?庇なし薄型LED信号機(読売新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
景品交換所強盗で男逮捕=500万奪った疑い―警視庁(時事通信)

未承認薬開発、来秋にはある程度の実績を―製薬協新会長(医療介護CBニュース)

 日本製薬工業協会(製薬協)の長谷川閑史会長(武田薬品工業社長)は5月21日、会長就任(19日付)後、初の記者会見で、厚生労働省の検討会議の検討結果を踏まえ、厚労省から関係企業に開発要請があった未承認薬・適応外薬について、「引き受けたものについては、2012年度の薬価制度の改革の議論が大詰めを迎える来年の秋くらいには、ある程度の実績を示す必要があると考えている」とし、「製薬協としても全体を調整し、後押しをする、そういった役割を担っていきたい」と述べた。

 同省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」が「医療上の必要性が高い」と判断したのは109件で、このうち開発企業が決まっていないのは17件。長谷川会長はこの17件について、「わたしの希望的感触では、かなりのものについてはどこかの企業に手を挙げていただけるのではないかと判断しているが、最終的にどうなるかは見極めたい」と述べる一方、「中医協(中央社会保険医療協議会)の場で武田薬品の社長として、本当に必要なもので、どこも引き受け手がなければ、当社が責任を持って引き受けると申し上げたし、その気持ちは変わっていない」と強調した。
 
 このほか、4月から試行的に導入された、特定の条件を満たせば、特許期間で保護されている間は薬価が下がらない「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」を含めた新薬価制度については、研究開発を強化するための制度面でのバックアップとして「イノベーションの促進につながる制度」と評価した。しかし、「イノベーションを実現できない企業にとっては大変厳しい」と指摘した。
 
 また、新たな国際連携について、「現在のアジアの発展を見ると、いずれアジアとしてのボイスもまとめていく必要があろうかと思う」などと述べ、インド、中国、韓国などの製薬企業の団体が連携する組織づくりを目指す考えを示した。


【関連記事】
製薬協の新会長に武田薬品の長谷川社長
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協
「新薬創出促進加算は画期的な制度改革の一つ」―庄田製薬協会長
13年度底にV字回復目指す―武田薬品

<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
農水副大臣、補償など再説明=ワクチン接種2日目は地域拡大―口蹄疫(時事通信)
「コメントするのは不適当」=小沢氏不起訴処分で首相(時事通信)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)

元厚労省職員、二審も有罪=同種事件で判断分かれる-政党機関紙配布・東京高裁(時事通信)

 2005年の衆院選前に共産党の機関紙を配ったとして、国家公務員法違反(政治的行為の制限)罪に問われた元厚生労働省社会統計課課長補佐宇治橋真一被告(62)の控訴審判決が13日、東京高裁であり、出田孝一裁判長は罰金10万円とした一審判決を支持、弁護側控訴を棄却した。
 今年3月には同高裁の別の裁判部が、同様の事件について「処罰は違憲」として無罪を言い渡しており、判断が分かれた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)
<公務員法案>強行採決「総人件費2割減」示さず(毎日新聞)
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書(時事通信)
もう1つのサッカーW杯 トルコで28日から“得点王”ら予選突破へ(産経新聞)
資産運用で預かった30億円横領 容疑の元公認会計士を逮捕(産経新聞)

2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)

 6日午後5時50分ごろ、滋賀県甲賀市土山町市場の市道で、道路を横断していた同市土山町頓宮の製茶業、奥村則夫さん(35)の次男、龍生(りゅう)ちゃん(2)が、同市にある県環境事業公社クリーンセンター滋賀所長、成宮等さん(55)=同県守山市横江町=運転の乗用車にはねられた。龍生ちゃんは約15メートル引きずられ、頭を強く打ち間もなく死亡した。

 甲賀署によると、龍生ちゃんは、路上に止めていた母親運転の乗用車から降りたところだった。成宮さんは職場から帰宅する途中で、ブレーキをかけたが間に合わなかったという。

【関連記事】
銭湯帰りの女性2人死亡で76歳逮捕 ペダル踏み間違え
92歳女性、電車にはねられ死亡 20メートルの踏切渡りきれず 大阪・松原
女子高生はねられ死亡 自動車販売会社の男逮捕
後ろからはねられ女性2人死傷 横浜 
下校中の男児、交差点ではねられ死亡 姫路市
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

五稜郭公園 桜が見ごろ 北海道・函館(毎日新聞)
バテレンが天ぷらに使った?オリーブ油の壺出土(読売新聞)
職員配置見直しを=在外公館業務で勧告-総務省(時事通信)
民主、地方議員も与党ボケ? 批判ほぼなし(産経新聞)
<中国産ワカメ>産地偽装容疑で徳島の水産業者を逮捕(毎日新聞)
プロフィール

ミスターさとしたさか

Author:ミスターさとしたさか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。